続・写真家

ところが最近は、写真を毎日見ている。繰り返し見ている。初めてお目に掛かる方々までもが、そう言ってくださるから。そうしたいろいろとは別の次元で、ああ、僕はコノ人にとって写真家であるのかも知れないな。と感じる。ということだ。

(2012-12-11「写真家」Cheap Memo)


と、2年前に書いている。

その2ヶ月後にラ・マシアの あきなちゃんから注文を頂く。あれが転機だった。市役所へ婚姻届を出しにゆくふたりを撮る。

それが引き金となり、お祝いごとを撮影させて頂くようになった。

作成するフォトブックはたぶん、長く、本人やご家族が眺めてくださる。未来、僕らの居ない世界でも大切にしてもらえるかも知れない。

撮影中も脳ミソのどこかでそういうことを考えている。

先々週末はMusume(7歳4ヶ月)の小学校での初・運動会を欠席して。先週末は阿蘇をぐるっと1周して。合計33本のフィルムに光を詰め込んだ。

最近思うのは。

出来上がる写真が大事なのはもちろんだけれども。誰かの幸せな日をあの茶色いてろてろした物質へ収める。その行為自体が、それを共にすることが、幸せだなということです。

おめかしをする。後部座席からふたりを眺める。喜ぶおばあちゃんと話す。はしゃぐ。食らう。ワインが光る。秋の風に吹かれる。ただいま、いってきますをたくさん聞いたであろう玄関に立つ。恩人に会う。胸が高鳴る。

写真を撮る。それが口実、きっかけとなり、また幸せな出来事が起こるということです。

か細い体が磨り減り、もうしばらくは撮りたくないと感じるほどに満たされる。

広く世間に認められる写真家、雑誌・広告等で活躍するカメラマンに対する憧れが無くなくはなくなくはない。けれどもこのカタチこそが、僕の特長を活かした、性に合った、撮り手としての在り方なのだろうなと、いまは思う。
Posted by undoandy
Category : 着想
Permalink

ホントウの顔

毎日見るのはカガミのなかの顔。僕らはソレと左右反対の顔を見ている。ホントウの顔は僕らの見ている顔なのだけれども、本人は逆のほうを長年眺めている。だから、本人にとってはそっちがホントウの顔。

カガミ越しに見つめ合うと不思議な気持ちになるのは、ホントウを見せ合うからなのではないだろうか。この春、それに気付かされ。以来、カガミの向こうがますます好きになった。

カガミ越しに写真を撮るときには、そのことを思う。
Posted by undoandy
Category : 着想
Permalink

日常

毎日、Musume(6歳10ヶ月)が前の晩に洗い、水につけておいてくれた玄米を食べる。

朝6時過ぎにはピアノの練習。それを布団のなかで聴く。もしくは気付かず眠っている。

帰宅するとすぐに明日の準備と宿題をして、図書館で借りた本に没頭するらしい。僕は出掛けていてまだその姿を見たことがない。

その本の話は登校する間に教えてもらう。

土曜日には、残り湯で上履きと白い運動靴を洗うことにしたのだそう。この前そのうしろ姿を眺めた。

今晩は、東京スカイツリーと源義経について読んであげた(義経が精鋭70騎を率いてスカイツリーを駆け下り背後から奇襲、まさか!と驚いた平家を討つ話。ではなくて、科学と伝記から一話ずつ)。この役割も妻が毎日しており、僕がすることは滅多にない。

夜に出掛け、朝に帰り。

たまに一緒に山へ登り。たまに写真を撮る。

そんなだけど。

ってところまで書いて眠ってしまって。

今朝はお風呂の中でピアノを聴いた。
Posted by undoandy
Category : 日記
Permalink

雨の夜

40歳の おっさんになっても。雨の夜、水たまりに信号の赤と青が混じるとセンチメンタルになる。

空虚な現実に何か積み重ねる。

湯船で意識を失う。

朝が来れば、手を繋いでMusume(6歳10ヶ月)と登校する。

1日1冊、図書館で借りた本の話を教えてもらいながら歩く。

門の前でお別れすると、校舎の向こうへ消えてゆくまでに4回くらい振り向くから手を振る。

僕のは溶けてしまうけど、彼女のはそうならないでほしいと思う。

高速ロードの藤が今年もきれいだった。

初めてハナミズキにカメラを向けた。

春の雨が車の屋根にあたるのを聞きながら、ただただ眠り、ただよっていられたらなって思う。けど、夜が明ける。

陽の光が東へふりそそぐと聞き、おめでとうと口が言う。
Posted by undoandy
Category : 日記
Permalink

いちじくとクリームチーズのパンを食べながら

もうすぐ卒園だね。霧島のパン屋へ向かう道で話した。

バスを降りても怖くて教室へ入れなかったこと。授業がわからず戸惑ったこと。朝の体育が苦手でツラかったこと。給食が食べれないものばかりだったこと。休み時間は教室の隅に座り一人で過ごしたこと。

入園してからの数週間はホントウに大変だったと、Musume(6歳8ヶ月)は笑って教えてくれた。

小学校へ行けば、また新しいことが待っている。

ずっと一緒に居られるわけではないから、せめてこんなふうに、後から笑い合えたらと思った。
Posted by undoandy
Category : 日記
Permalink
| 1/169PAGES | >>
Favorite Entries
Recent Entries
Categories
Archives
Search