続・写真家

ところが最近は、写真を毎日見ている。繰り返し見ている。初めてお目に掛かる方々までもが、そう言ってくださるから。そうしたいろいろとは別の次元で、ああ、僕はコノ人にとって写真家であるのかも知れないな。と感じる。ということだ。

(2012-12-11「写真家」Cheap Memo)


と、2年前に書いている。

その2ヶ月後にラ・マシアの あきなちゃんから注文を頂く。あれが転機だった。市役所へ婚姻届を出しにゆくふたりを撮る。

それが引き金となり、お祝いごとを撮影させて頂くようになった。

作成するフォトブックはたぶん、長く、本人やご家族が眺めてくださる。未来、僕らの居ない世界でも大切にしてもらえるかも知れない。

撮影中も脳ミソのどこかでそういうことを考えている。

先々週末はMusume(7歳4ヶ月)の小学校での初・運動会を欠席して。先週末は阿蘇をぐるっと1周して。合計33本のフィルムに光を詰め込んだ。

最近思うのは。

出来上がる写真が大事なのはもちろんだけれども。誰かの幸せな日をあの茶色いてろてろした物質へ収める。その行為自体が、それを共にすることが、幸せだなということです。

おめかしをする。後部座席からふたりを眺める。喜ぶおばあちゃんと話す。はしゃぐ。食らう。ワインが光る。秋の風に吹かれる。ただいま、いってきますをたくさん聞いたであろう玄関に立つ。恩人に会う。胸が高鳴る。

写真を撮る。それが口実、きっかけとなり、また幸せな出来事が起こるということです。

か細い体が磨り減り、もうしばらくは撮りたくないと感じるほどに満たされる。

広く世間に認められる写真家、雑誌・広告等で活躍するカメラマンに対する憧れが無くなくはなくなくはない。けれどもこのカタチこそが、僕の特長を活かした、性に合った、撮り手としての在り方なのだろうなと、いまは思う。
Posted by undoandy
Category : 着想
Permalink

ホントウの顔

毎日見るのはカガミのなかの顔。僕らはソレと左右反対の顔を見ている。ホントウの顔は僕らの見ている顔なのだけれども、本人は逆のほうを長年眺めている。だから、本人にとってはそっちがホントウの顔。

カガミ越しに見つめ合うと不思議な気持ちになるのは、ホントウを見せ合うからなのではないだろうか。この春、それに気付かされ。以来、カガミの向こうがますます好きになった。

カガミ越しに写真を撮るときには、そのことを思う。
Posted by undoandy
Category : 着想
Permalink

遠くの花

どんな年だった。まとめきれないと思うから、日々、文章を記す。

けれどもソレを読み返したところで、まとまらない。

結局のところ、今、何をするのか、思うのか。ソノ自分を見つめることが、この12ヶ月の積み重なりを捉えることに繋がるのではないだろうか。そのようなことを考えた。

大晦日。

カベレフトの写真を入れ替えた。同じ写真も、ネガをスキャニングし直し、あらためて色を調整。紙へ出した。

ハズカC、黒スーツ&蝶ネクタイの亡霊のような自分の写真を飾った。結構ひどい顔している。

外出先からレトロフトへの帰り道。立ち寄ったお店と、通りがかったお店と、リゼットの安井さんとから、思いがけずプレゼントを頂いた。今年逢った人たち。そんなに長く時間を過ごしたわけではないけれども、大好きだ。

レトロフト1Fにバルサン x8 を焚くため、半地下 x3、その上 x2、トイレ、倉庫、通路を駆け抜けた。階段だらけの愛しき書店、電灯のスイッチは建物のいちばん奥にある。深夜の孤独な脱出劇。

MILLETのバックパックを入手した。ひとりで登ることにハマり始めている。

昼寝。

Musume(5歳6ヶ月)と妻と、ゆっくり食事をした。

そして今また、文章を書いている。

集まることには縁遠い。けれども、誰かと自分の時が交わるとき、それを楽しんだ。

夜中に壁の前で、早朝に写真の前で、山で。ひとりの時間へ注ぐ行為は、仲良しであることよりも誰かへナニカを提供する。遠くの人を、普段は顔を合わせぬ友を大切に思うから、たぶん僕はソウ考えるのだと思う。

未来のことは見えない。けれども、予感をおぼえる。ソコへ向かう。

痛みを、孤独を、終わることを、怖れずに走る。

目の前に注いだ水がイツカ遠くの花を咲かすかも知れない。

そのようなことを思う。
Posted by undoandy
Category : 着想
Permalink

写真家

写真家である。おこがましくもソウ感じることが、ここのところ何度かあった。

僕には肩書きが無く、要るときには、カベレフト壁長(Hekicho-)と記載している(鉄道員の高倉 健さんを強く意識して)。

フォトグラファーだ、カメラマンだと紹介されることも増え、言われれば、さらりとそれを受け入れ、ぺこりと頭を下げる。

けれども、専業じゃないし。とか、まあ、自他共にいろいろと思う、思われる。

ところが最近は、写真を毎日見ている。繰り返し見ている。初めてお目に掛かる方々までもが、そう言ってくださるから。そうしたいろいろとは別の次元で、ああ、僕はコノ人にとって写真家であるのかも知れないな。と感じる。ということだ。

仕える事が、誰かの日常にシみこんでゆく。

僕の繰り返す行為が誰かの中へ入る。

世界へ広がる。

もし僕らのカラダが遺伝子の乗り物であるならば、この拡散は喜ばCことであろう、遺伝子的に。僕は、いや、僕を乗り物とする遺伝子は、いま生物としての根源的な喜びを味わっているのではなかろうか。うむうむ。って、遺伝子のこととか全くよく知らないのに、まわりくどく脳ミソが喜ぶ。

ツマリ、嬉しい。
Posted by undoandy
Category : 着想
Permalink

例えば根を失ったら

評価どころか見てさえもらえぬかも知れぬモノへ注ぐ。

ソウし続けるには、よほど強い根が必要だと思う。

そして。例えばソノ根っ子がボコっと食べられてしまうような出来事があれば。

失うために伸ばしてきたわけではないのに。失うのならば伸ばすのを止めよう。

そんなことは考えずにまた上へ下へ伸びてゆく。

ソウシタたくましさが要る。僕ら生き物にはソレが備わっているように思う。

無駄かソウでないかを考えて注がれる水。ただただ注いでくれる水。陽の光。

美しさは。

自然な振る舞いのなかへ宿るように思う。
Posted by undoandy
Category : 着想
Permalink
| 1/12PAGES | >>
Favorite Entries
Recent Entries
Categories
Archives
Search