大切な人に贈る、クリスマスメッセージ [サクラ島大学 第2回プレ授業]

12月5日 日曜日、サクラ島大学 第2回目のプレ授業『大切な人に贈る、クリスマスメッセージ』が開催されます。

クリスマスカードへ書くメッセージを、考える授業です。

自分一人では浮かばなかった言葉、気付かなかった気持ちを、見つける方法、アタマをほぐす仕掛けを、準備しました。

ワークシートと向き合ったり、同じグループの人たちと話したりしながら、自分と相手を探り、言葉を紡ぎます(実際に紙へ書く内容は秘密にしておけます!←重要っす!!)

別にクリスマスカードなんて書きたいと思わないな。ソウ感じている人も、文章作成のためのアイデア・手法に興味があれば、お気軽にご参加ください。

サクラ島大学の職員ってどんな人たちなの?どんな人たちが参加されるんだろう?興味本位での参加もオーケーだと思います。きっかけ、繋がり、いろいろ出逢えるかも知れないし。

また、当日はイラストレーター mizutamariちゃんのご厚意により、mariちゃんのあのスタンプが授業中は押し放題どえす。素っ敵な特典。文章書かずにスタンプ押しまくってる人がいてもEかなあ。許せるなあって感じます。というか、タピオカトンネル(サクラ島大学写真班)の立場から言えば、むしろソウイウ人が出現してしまうようなミラクルを願っています and 祈っています。

正式なアナウンス&申し込みは、サクラ島大学 学長ブログのほうからどうぞ。

お目に掛かれること、楽しみにしています。

Posted by undoandy
Category : アンテナ
Permalink

Judd. No.6

Judd. No.6

2010-11-08(月)、Judd. No.6がリリースされました。

今回は、江夏君の表紙、あやちゃんの「よか十」が特にお気に入りです。

巻頭の岡本さんの文章。MOKUのタケシ君、イラストレーターのmariちゃん、フォトグラファーのMIUちゃんたちも参加されるash 03(Satsuma Design & Craft Fair)の特集などなど。見逃せない記事満載。隅から隅まで内容充実。喫茶サンボも載ってまーす。

また、7-8ページには、僕らタピオカトンネルの撮影した写真も掲載(ありがとう!!)。

GOOD NEIGHBORS JAMBOREEの模様を撮ったコノ写真たちは、ashの期間中、GOOD NEIGHBORs 2Fへ展示される予定です。

最終日にはサクラ島大学の授業、ashのクロージングパーティーもあります。

12月5日(日曜日)、集いましょう。

Posted by undoandy
Category : アンテナ
Permalink

鹿児島GOOD NEIGHBORS Exhibition in Tokyo

この夏に開催されたGOOD NEIGHBORS JAMBOREEのエキシビジョンが、東京と鹿児島で行なわれます。

まずは東京。

ありがたいことに、僕らタピオカトンネル(サクラ島大学 写真班)の撮影した写真も展示されます。

最終日、11月14日(日曜日)には、JAMBOREEから生まれた繋がりによるコンテンツ(DJ、ワークショップ、フード、マーケット、etc)を体験できるイベントあり。

行ってきます and 撮ってきます。

鹿児島GOOD NEIGHBORS Exhibition in Tokyo

■G.N.J.エキシビション+"さつまもの"
・会期:2010年11月7日(日)-14日(日)
・時間:11-19時
・会場:ディクショナリー倶楽部
・入場無料
グッドネイバーズ・エキシビション:フォト(タピオカトンネル・サクラ島大学写真班/藤堂正寛)+ムービー
マーケット:さつまもの

イベント詳細

Posted by undoandy
Category : アンテナ
Permalink

凍えスプレッソ

夢が現実に。ダジャレが現実に。

凍えスプレッソ

上質なアイスクリームが盛られた器へホンモノのエスプレッソをトロとろとろー。

ボクは、んーゲンダッツとかアイスクリームが大好きなんだけど、ああいうののエスプレッソ味とは全くチガウ。

めっちゃめちゃめっちゃ美味しい。

エスプレッソへの、アイスクリームへの、そしてダジャレへの敬意を感じる、素晴らしい一品でした。

皆さま、鈴の音 抽出所、要マークっす。

P.S.
君、ダジャレばかにすることなかれ

Posted by undoandy
Category : アンテナ
Permalink

画楽舎展09

画楽舎バス土曜日、錦江高原ホテルで開催されてる画楽舎展09へ行ってきた。

鹿児島で暮らすようになってからもう7年。錦江高原ホテルの存在はモチロン存じあげていたけれど、眺めのヨイ素敵な場所だとの噂は耳にしていたけれど、足を運ぼうと思う機会はなぜか無かった。

ソノ僕がはじめて足を運び、遠方からの来客があったらアノ眺めを見せたいなあと感じた。「風の丘」行ったことある?と人へ聞きたくなった。これは画楽舎展のおかげだと思う。

錦江高原ホテルロビーホテル中が画楽舎色に染められた光景は、正直に言えば、異様。ゴルフ、ビアガーデンを目的に訪れる客が多そうだし、ソノ主な客層と催し物を楽しむ客層は、重ならないのではないかな、とも感じた。だからこそ、ソレを受け入れてしまえる錦江高原ホテルには好感をもった。

ホテルスタッフの方々は親切。(たまたま空いている時間帯だったからかも知れないけど、)すれ違う度に声を掛けてくれたり、添君とお話しているあいだも、ずっと遊んでくれたりしたので、Musume(2歳1ヶ月)はかなり満足そうだった。別れを惜しんでいたw

錦江高原ホテルのためにも、画楽舎のためにも、皆、モット、押し掛けちゃいなよ、と思う。こうした試みにチカラを注ぐこと、僕は好きです。

P.S.
Musumとスタンプラリーに挑み、無料ドリンク券を頂きましたー。風の丘のパノラマは必見。温泉もヨイ眺めらしいよー。画楽舎展09

テーブル

無料ドリンク

風の丘

◆関連記事
画楽舎展09(2度目)

Posted by undoandy
Category : アンテナ
Permalink
| 1/20PAGES | >>
Favorite Entries
Recent Entries
Categories
Archives
Search