眺められる

セバちゃん(タピオカトンネル)のために撮った結婚式の写真を、もうたぶん50回は見返している。

夏からかな。自分の撮った写真を見返すことが増えた。

長く眺めていたくなるような写真を撮りたい。撮ってあげたい。ソウイウコトを思うようになった。

身近にソウイウ写真を撮る人が居るから、憧れたのだと思う。

何度も眺めていると、反省点も浮かんでくる。もっと上手になってから撮ってあげたかったなって気持ちも。けど、ソレは叶わない。

なのに何度も何度も何度も何度も見返して。

すると、ツタナサさえ、愛しく感じられることがある。

ソノ時の精一杯のチカラで、籠めた結果なのだから。ソウ思うと、ソノ足りなさも、取り返しのつかなさも、変わらずに在ってほしいモノとなる。けど、バランス悪いなあ…。けど、いい顔撮れてる。けど、けどけど、けど。ニマニマ。

そんなふうに、ぐるぐるぐるぐると渦巻いたチカラを。

訪れる未来に、花や誰かを撮るときに籠めたなら。

画の向こうにも画の感じられる。

素通りできない写真が撮れるんじゃないかな。ソコに刻んであげたいよな。見てもらいたいよな。っちゅうようなことを思ったりするよ。

って。猫が言ってた。

セバちゃん結婚式
Posted by undoandy
Category : 日記
Permalink
<< Takapla | TOP | ソナエトヒキカエ >>
Favorite Entries
Recent Entries
Categories
Archives
Search