背骨には神経が通っている

背骨には神経が通っていて、それは確実に足の先まで繋がっている。

昔、病院で夜間のアルバイトをしてたことがあるんです。

その病院でソノコト(ソトコトではナイ)を知りました。

ある日、モウレツにおなかの痛かったワタシは、バイト先の病院なら安く診察してくれるのでは(あわよくば無料か?)というイヤラシイ心で、バイト先の病院に運ばれて行きました。

診察の結果は急性虫垂炎。即、手術が決断されました。

えー?薬でちらすとかそんなんじゃないんですかー?というワタシの意見は無視され、とにかく手術が決行されることになりました・・・。

翌日。

手術台に乗せられたワタシの視界に広がっているのは、知り合いの顔、知り合いの顔、知り合いの顔、知り合いの顔、知らない若者・・・。

知ってるお医者さんや看護婦さんに、切り裂いたオナカの中まで観られてしまうのです。

これから手術はじめるってのにぜーんぜん緊張感ナイ面々。「有線どのチャンネルがヨイー?」ってアナタ・・・(笑)

「じゃあ○○君、麻酔してー」、知らない若者にお声が掛かる。

ワタシは横向きに寝かせられ、「猫背になるように丸まって下さい」と言われまるまる。

知らない若者が「足がピリピリってしたらスグ手をあげて下さい」と言う。

さっきまでリラクッスしていた部屋に緊張感が走る。

次の瞬間だった・・・。

「よーし、ピリピリってしたらスグに手をあげるぞー」と準備するワタシの足が、ワタシの脳みその命令ナシに一直線にのび!びっきーんって宙を舞いました・・・びっきーんって。

若者よ、ぜんぜん「ピリピリ」どころじゃないじゃんかぁ・・・。アナタたち何故シーンとしてるのですか・・・?

もしかしてコレのために手術したかったの・・・?そんな不安がアタマをよぎるなか、まだまだこのカワイソウな手術は続きます。

今日はココまで。次回のテーマは「胃と腸はつながっている」death。

JUGEMテーマ:過去
Posted by undoandy
Category : 回想
Permalink
<< 和室であそぶ | TOP | ドナルドさぁ >>