毎日おなじことをする

と言えば、"マンネリ"などワルイ印象もあるかもしれないが、
これは意外に充実感を生み、精神を安定させる。

やることは、なんでもヨイ。
ワタシは、お風呂後のお風呂そうじ、足裏マッサージ。
これらを終えると、1日が素敵に締めくくられた感じがする。
植物に水をあげる。玄関を拭く。子どもと本を読む。
なんでもヨイのだろうなと思う。
小さくてもよいから、ヨイ方向へ流れるナニカ、を見つけ、なるべく同じ時間にそれをする。
疲れてたり、眠かったりしたら、たまにさぼってもヨイけれど、してみると逆に疲れが癒えたりするから、してみる。

便利、ではなかった時代の生活には、そういったことが自然に含まれていたのではないかなと思う。新しいナニカを求めて情報の波を探索するのも楽しいが、自分たちの脳ミソやカラダが求めてるのはそういうことだったりするんじゃないのかなあなんて思った。

Posted by undoandy
Category : 着想
Permalink
<< 節分にかける男 | TOP | 2月2日、1年前のこの日 >>